バツイチ子持ちと結婚した男の本音

バツイチ子持ちと結婚した男の本音、誰にも言えない事を吐き出す自分用のブログです。

連れ子との遊びがなぜ疲れるのか考えてみた。

連れ子との遊びは疲れる。

 

身体も心も

とにかく疲れる。

 

今はまだマシにはなってるが

結婚当初は本当に

疲れ果てていた。

 

一人で外に行きたい。

仕事を残業して

連れ子が寝る時間になってから帰ろうと

考える事もあった。

 

なぜこんなに疲れるのか考えてみた。

 

実子との遊びの場合(想像)

私には実子はいないので

想像になってしまうが考えてみる。

 

勿論、実子の場合も

一緒に遊ぶのは大変だという事は分かっている。

 

子供は何回も同じ事をやるし

体力についていけないし、

急に泣くし、漏らすし、

何かが起こる。大変だ。

 

ただ、実子の場合は

子供と一緒に成長して

親になっていくんだと思う。

 

また、何よりも

可愛いのだろう。

目の中へ入れても痛くないのだろう。

 

自分の遺伝子を

受け継ぐ存在。

きっと可愛いのだろう。

 

酒が好きで

女性も好きで

毎晩のように

呑み歩いていた

友人がいたのだが

最近は滅多に呑みに行かない。

 

娘が出来たからだ。

 

話しを聞くと

どんな女の子よりも

最高の子が家にいるから

家で娘を見ながら

お酒を呑んだ方が

楽しいし、美味しいと言っていた。

 

この言葉で

やはり実子というのは

すごいんだと改めて思った。

 

連れ子との遊びの場合

連れ子の場合は

急に父親?友達?になる。。

 

親になれていない状態で

子供自体に慣れていない状態で

急に遊ぶ必要が出てくる。

準備が出来ていないので疲れる。

 

また、連れ子との遊びが疲れる

主たる要因として2点がある。

 

連れ子に気を使ってしまう

実子しかいない方には

考えられないかもしれないが

連れ子の場合は気を使うのだ。

 

 

実子の友達と

接する時を考えてくれたら

わかりやすいかもしれない。

 

始めは、連れ子の事を知らないので

どんな事を嫌がるか喜ぶかわからず

探り探り遊ぶのだ。

 

 

また、自分が親じゃないので

怪我したらどうしよう

何かあったらどうしようと思うのである

 

勿論、連れ子も家族なので

変な言い回しになるが、

”なにかあったら

親御さんに顔向けできない”という感情になるのである。

 

実子ほど可愛くない

これが全てなのかもしれない。。

単純に実子ほど可愛くないのだと思う。

 

こちらの体調が良ければ大丈夫だが

疲れている時や

イライラする事があった時に

なぜ、連れ子と遊ばないといけないのか。

他人の子供なのに。と思ってしまうのかもしれない。

 

他人の子供と

1日、2日なら良いけど

毎日遊んだら

身体と心が疲れる。。

 

終わりに

マイナスな事ばかり書いたが

勿論、ただ疲れるだけではない。

 

連れ子を可愛いと思う事もある。

 

家族というものの良さを感じる時もある。

 

子供の純粋さ、賢さを感じ、感心する事もある。

 

連れ子と2人で遊んで大笑いする事もある。

 

しっかり守らないといけないと感じる事もある。

 

自分が親として成長していると感じる瞬間がある。

 

f:id:waraimono:20200317000540p:plain

 

親として成長して、

心に余裕を持って

 

連れ子と楽しく遊ぶ時間を増やしていきたい。

 

幸せな時間を増やしていきたい。